Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
賛同、ありがとうございます!
↓クリック、お願いしまぁ〜す。 にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村 クリック、ありがとうございましたぁ〜!
時計
幸福実現党・参院選・候補者・ブログ
幸福実現党・応援サイト
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 祝★幸福実現党★初の国会議員★祝
    Maple (05/17)
  • 動物が本音で語る・幸福実現党・佐藤なおふみさん・ぶろぐ
    グリム伊藤公雄 (04/15)
  • 日教組・民主党の関係・これでいいのか?− 幸福実現党・植松みつお・ぶろぐより
    eva (03/05)
  • 幸福実現党・Happiness Letter Web
    eva (02/13)
  • 幸福実現党・あえば直道さん・「いざ!幸福維新」今日・発刊
    issy (01/23)
  • 坂本龍馬の真意が聞ける!?
    与喜 (01/12)
  • 坂本龍馬の真意が聞ける!?
    eva (01/12)
  • 朝日 俊彦(あさひ としひこ)先生の思い出
    与喜 (01/08)
  • 朝日 俊彦(あさひ としひこ)先生の思い出
    tomie (01/08)
  • 幸福実現党・木村智重党首・新年のご挨拶
    大和 (01/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
寄付金の税金控除
 

 

IRS (Internal Revenue Service)アメリカの税務署ですね。-


から、1月11日から3月1日までにした、ハイチの地震の災害者への

寄付金は2009年の税金控除の対象になるというニューズ・レターを

読みました。


アメリカの個人の
1/1/2009 〜 12/31/2009税の申告の締め切りは、

毎年、4月15日です。

アメリカは、税金は自主申告なので、みんな自分で申告します。

本来なら、2010年にした寄付は来年申告するようなのですが、

一年待たずに2009年に申告していいよという、ちょっと粋な計らいです。


日本は、ハイチなどの災害者への寄付は税金控除の対象になるのかしらん?

アメリカはさすがクリスチャンの精神が行き届いていて、

赤十字なのど
NPOや、宗教団体への寄付は税金控除の対象になります。


助け合いの精神が国そのものの中に入っています。

日本もそういう政策が組み込まれていくといいのになぁ〜と

密かに願ってます。

 

〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜

 

http://www.irs.gov/newsroom/article/0,,id=218678,00.html

Subject:  Haiti Relief donations can now be claimed on 2009 Tax Returns

The acceleration of Income Tax Benefits for Charitable Cash Contributions for Relief of Victims of Earthquake in Haiti (P.L. 111-126 (H.R. 4462)) enacted on Friday, Jan 22, 2010, allows taxpayers who itemize deductions on their 2009 return to qualify for this special tax relief.

Any cash contribution made after Jan 11, 2010, and before Mar 1, 2010 for the relief of victims in areas affected by the Jan 12, 2010 earthquake in Haiti are eligible to claim the contribution as if they made it Dec 31, 2009.

The new law applies to cash (as opposed to property) contributions. The contributions must be made specifically for the relief of victims in areas affected by the Jan 12 earthquake in Haiti.

Taxpayers have the option of deducting these contributions on either their 2009 or 2010 returns but not both.

Taxpayers donating to Haiti relief by using their cell phone text messaging service may use a telephone bill showing the name of the donee organization, the date of the contribution, and the amount of the contribution as meeting the recordkeeping requirements of Code section 170(f)(17).

More details can be found in the IRS news release IR-2010-12 issued on Jan 25, 2010. 

 

〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜


日本の政府も、寄付金が税金控除になるように考えて欲しい方〜!

    ↓ クリック〜

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ

にほんブログ村

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(1) |-
アメリカに対して強気の中国・これからどうなる?

 

 

 

 

中国政府がアメリカに対してかなり強気になっているという

報道を聞きました。

 


今までやっていたというのに、今回アメリカが台湾に武器を売ったことに

対して不満の意義を示したり、オバマ大統領がダリ・ラマと会見することに

文句を言ってきたり、、、

 


これまでになかったほど中国がアメリカに干渉してきているそうです。


 

中国が10%の成長したのに対して、

アメリカは今10%の失業者を抱えています。

 


これからのアメリカと中国の衝突が起こることが予想されているそうです。

 


それに対して、政治家を選ぶのにも、中国に対してどれだけ感心が

高いかが見られるようになるのではと言っていました。

 


 

 


〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜* 

 

NPR - China Increasingly Stands Up To U.S. On Global Stage

by Tom Gjelten

 

 

February 3, 2010


In the past two weeks, Chinese leaders have tangled with the United States over the following issues: Iran sanctions, climate change, arms sales to Taiwan, the Dalai Lama, cyberattacks, military modernization and exchange rates.

A single sentence in the Pentagon's 105-page Quadrennial Defense Review (QDR) this week even elicited a Chinese reaction. The QDR report said China's military development raises "legitimate questions" about its future conduct and intentions. Pentagon planners have regularly made that point in the past, but Beijing immediately announced its "dissatisfaction" with the comment.

Those comments followed China's denunciation Tuesday of President Obama's plan to meet the Dalai Lama and its furious reaction last weekend to the administration's announced plans to sell some weapons to Taiwan.

The increasingly harsh Chinese attitude toward the United States has left U.S. officials and China analysts wondering where U.S.-China relations are headed.

At the State Department on Monday, spokesman P.J. Crowley seemed almost baffled by the strident Chinese reaction to the pending Taiwan arms sales.

"We're doing nothing different today than we did in 2008, than we've previously done," Crowley said. "Based on our evaluation of Taiwan's needs, we do provide them articles that we think contribute to Taiwan's defense. What happened here was, I don't think, a mystery to China."

Similarly, the Chinese knew months ago that President Obama intended to meet with the Dalai Lama. They have long known that the United States wants tougher sanctions on Iran over its nuclear program. They are familiar with U.S. concerns over China's cyber-activities and climate change policies. But on each of those issues in the past few months, the Chinese have become more difficult.

Newfound Confidence

Kenneth Lieberthal, who advised President Clinton on China issues, attributes the country's increased assertiveness recently to a new sense of Chinese self-confidence, stemming from its strengthened position in the world economy in the aftermath of the global financial crisis.

"Some in the West have called it triumphalism," Lieberthal notes. "I think that's too strong a term. But [there's] some feeling that, 'In the last two years we've done very well, and it's hard to find anyone else who has. And now people are really paying attention to us.'"

[There's] some feeling that, 'In the last two years we've done very well, and it's hard to find anyone else who has. And now people are really paying attention to us.'

- Kenneth Lieberthal, Brookings Institution

Lieberthal, now at the Brookings Institution, says this new feeling of Chinese confidence follows decades of China feeling "down and out" and not fully respected as a global player. With the greater confidence, therefore, has come a greater willingness to assert Chinese national interests — on climate change policy, the global economy and security issues. And that means standing up to the chief Chinese rival on the global stage, the United States.

"The question is what they think they can get in that relationship," Lieberthal says. "Given that we want to work together, on balance, how much is that going to be the U.S. tilting toward Chinese preferences, and how much will it be the Chinese tilting toward U.S. preferences?"

The list of outstanding issues is long. An early challenge will be to work out a proper economic relationship. China's growth has been largely driven by its booming export sector. Chinese goods are relatively cheap, so manufacturing has shifted to China away from the United States. U.S. and Chinese economic interests could soon be colliding.

"We are coming into 2010 with 10 percent Chinese growth and 10 percent U.S. unemployment," says Ian Bremmer, president of the Eurasia Group. "And those two 10s do not add up to 20. They are going to conflict with each other."

As politicians, both Democrat and Republican, take greater note of conflicts with China, U.S.-China policy could become a hot election issue.

"[In 2008], we voted for Obama or McCain with no interest in their positions on China," Bremmer notes. "I believe that that will never happen again. This relationship is going to become politicized, and going forward it is going to be key in determining how we think about candidates, how we think about U.S. policy."

 
〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*

 

中国は確実に力を貯めてきています。

 

現在に至っては、アメリカに対しても口出しをしてきています。

 

アメリカ政府も中国にドンドンフォーカスをおくようになってきています。

 

このまま中国をほっておくと、危険だと思うのは私だけでしょうか?

 


 

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ  ← くりっく、ありがとうございまぁ〜す。
にほんブログ村

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アメリカ・フェデラル・リザーブ・バーネンキ氏・二期目スタート
 

 

アメリカ上院で、賛成70、反対30と、反対票が過去最高だったとはいえ、

アメリカのベン・バーナンキ米連邦準備制度理事会(
Federal Reserve Bank

議長の二期目の再任が決まり、2月1日から4年の任期が始まります。



Federal Reserveは、日本では日本銀行に当たるのでしょうか?


ウィキペディア(
Wikipediaでちょっと調べてみました。

 

〜*〜連邦準備制度(れんぽうじゅんびせいど、Federal Reserve System, FRS)〜*〜

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%BA%96%E5%82%99%E5%88%B6%E5%BA%A6

連邦準備制度(れんぽうじゅんびせいど、Federal Reserve System, FRS)は

アメリカ合衆国中央銀行制度を司る企業体で、ワシントンD.C.にある

連邦準備制度理事会
(Board of Governors of the Federal Reserve System

または Federal Reserve Board, FRB) が全国の主要都市に散在する連邦準備

銀行
(Federal Reserve Banks, FRB) を統括する組織形態を特徴とする。

英語では主に
the Fed と略称する。


日本での略称は
FRS だが、実際には連邦準備制度と同理事会はあまり区別

されずに両者とも
FRB と呼ばれることが多い。また、連邦準備制度理事会の

長は議長
(Chairman of the Federal Reserve Board) と呼ばれる。

200621からはベン・バーナンキ議長。


〜*〜日本銀行 〜*〜

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C


日本銀行(にっぽんぎんこう、英語名
: Bank of Japan)は、日本銀行法に

基づく認可法人であり、日本国の中央銀行である。略称は日銀(にちぎん)。

まれに「にほんぎんこう」と読まれることもあるが、日本銀行券でのローマ字

表記は
NIPPON GINKOとなっている。


〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜

アメリカの中央銀行がフェデラル・リザーブで、日本の中央銀行が日本銀行。


アメリカでは、フェデラル・リザーブの議長を決める時、上院議員たちから

激しい質問攻めに会います。
その様子は殆ど尋問ってよんだほうが

いいくらい。しかも、その様子が放送されます。


このことを英語でグリルングと言います。


そうですねぇ、あのバーべキュのグリルと同じ言葉です。


さぁ〜て、どんな感じか想像がつきますよね?


その尋問を乗り越えて、やっと就任されるのです。


日銀の総裁もそうやって決められるのかしらん?


知ってる方、是非、教えて下さいませ。





にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村    

   ↑

くりっく、ありがとうございましたぁ〜




posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
家族に結婚してもらいたくない人
JUGEMテーマ:気になること
 

 

ラジオで ピュー・リサーチによるアメリカの世論調査の結果を

語っている興味深い放送を聞きました。




黒人の失業率は16%と全国平均に比べってずっと高いにもかかわらず、

二年前の世論調査に比べて二倍近くの39%の黒人がアメリカの状況を

とても楽天的にとっているそうです。



黒人であるオバマ氏が大統領になったこともかなり影響してますが、


30年かけて、やっと黒人の学歴、卒業の比率などの向上がようやく現れ、

多くの黒人が昔に比べて自分たちの生活がよなった、そして、

自分の子どもたちの状況はもっとよくなるだろうと言い始めた結果では

と言っています。



そして、53%の黒人が自分の生活がよくならないのは、自己責任だと言い、

わずか3分の1が差別のせいだと言っているそうです。


15年前までは、この結果の反対の意見が述べられていたのです!


インターマリッジ(
Intermarriage−異人種間の結婚・黒人と白人の結婚など)

について、若い世代はなんの問題もないのですが、50才中盤の白人になると

反対する人が俄然増えるそうです。


アンケートの中で、家族の結婚する相手として一番反対するのは

何かという質問の答えで、年齢・人種全てを超えて

意見が一致するグループがいました。

 


何だと思いますか〜?

 




それは、「
Atheists−無神論者」なんです。

 


神を信じない人は、家族にしたくないというのが一致した一般の意見でした。

 

 

私も「神」を信じない人は、人が見ていなければ、

何でも自分いいようにやるみたいなところが感じられどうも信用できません。

 


だから、この結果、すっごく頷けました。



詳しく聞いたり、記事を読みたい方
  
      ↓ クリック

Poll: Blacks Optimistic About Their Future



 

     神を信じてる方〜


       ↓クリック

  

         にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
         にほんブログ村


posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
オバマ大統領、30,000の兵をアフガニスタンに送ると表明
JUGEMテーマ:政治
 

つい今しがたオバマ大統領のスピーチで、アルカーイダ(al-Qaida)対策、

アフガニスタンのセキュリティと政府の強化のため、30,000人の兵を

アフガニスタンに送ることを発表しました。


マリーンがまずクリスマスまでに送られ、そのコストは最初の年だけでも、

$30ビリオンかかるそうです。


大統領選のキャンペーン中、「アフガニスタンに兵を送るべきだ。」

と言い続けていたオバマ大統領。


アルカイダはパキスタンにいるのが分かっているのに、

アフガニスタンに兵を送ることによってパキスタンを

対アルカイダをしていく???

なぜ、そんな関節的な方法をとっているのか???

う〜ん、なんか納得がいかない、、、




    にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
    にほんブログ村

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
よくわからない、日本のマスコミ
JUGEMテーマ:気になること
 

 

 

最近、ずっと忙しい日が続いてます。

 

 

そのひとつ、幸福の科学  Happy Scienceとして、

 

公開・瞑想セミナーを開いたりしています。

 

ちょっと、日にちが経ってしまったんですが、

 

10月27日付けで、地元の新聞にそのことの記事がでました。

 

う、うれしぃ〜

 


http://www2.tbo.com/content/2009/oct/27/happy-science-not-so-complicated-spokesman-says/

 


12月には場所を借りて「仏陀再誕」の映画も上演する予定です。

 

 

で、ふと、思ったこと。

 

幸福の科学は日本で始まっているのに、

 

そのことが報道されないんですよね?

 

なのに、海外の方が幸福の科学を報道するの?

 

本当なら、日本で始まった宗教だからドンドン自慢していいくらいなのに?

 

自国を卑下するような記事はバンバンでるのに?

 

ローマは、ローマ人がローマーを愛したから発展・繁栄したんですよね?


で、その反対したら駄目じゃん。
 


う〜ん、本当によく分からない国だ、日本って。

  
 ってか、日本のマスコミが悪いんじゃん!!!


 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 09:57 | comments(2) | trackbacks(0) |-
アメリカ・選挙の結果・保守・共和党・優勢!
 

 

114日は、アメリカではElection Day、選挙の日でした。


今回の注目のレースは、


ニューヨーク州、ニュージャージ州、ヴァージニア州の州知事レース。


ニューヨークはわずかの差で民主党(
Democrats)の


ビル・オーウェンが勝ちましたが、


ニュージャージ州は、クリス・クリスティ、


ヴァージニア州は、ボブ・マクドエルと、両州は保守派の共和党


Republicans)の勝利でした。

 

ニュージャージ州とヴァージニア州は、前の大統領選のときに


鍵になった州で両州ともオバマを勝利させてます。


なんとなく、人々が
Democrats・オバマから離れてきている兆しが見えますね。


 

人々はいつか必ず目覚める!と思う方〜


    ↓ クリック


    にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
    にほんブログ村

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ジョージ・ワシントンの秘密
JUGEMテーマ:気になること

 




前回に引き続き、ヒストリー・チャンネルのデス・マスクについて。

 

今回は、アメリカの初代大統領・ジョージ・ワシントンについてです。

 

 

アメリカ国民にとってのジョージ・ワシントンのイメージと言えば、

 

一ドル札にのっているワシントンです。

 

この時代にはまだカメラがなく写真が残っていないので、

ワシントンのイメージは肖像において知るのみです。

 

ワシントンは時の人で、30以上ものポートレートが残されているのですが、

 

肖像もアーティストのとらえ方によって大きくちがってくるので

ワシントンの本当の顔は知られていません。

 


 

番組では、史上初として、ワシントンが53歳のアメリカの初代大統領になる

 

前にとられたライフ・マスクをもとに、ワシントンが実際にどんな顔して

 

いたのか復元していました。

 

 


ここで、面白いリサーチのことをとりあげていました。

 

アメリカには、ウェスト・ポイントと呼ばれるアメリカでは一番古い、

 

そしてとても有名な陸軍士官学校があるのですが、そこに入学した仕官の

顔の
プロファイルをとり、その後、それぞれがどのようにランクを

 

あがっていくかという調査の結果、角ばった、ストロング・ジャー・ライン

 

(しっかりした顎のライン?)をもった仕官はハイ・ランキング・オフィサー

になっている可能性が高いとなりました。

 

実際、近代の13人の大統領のうち8までが、

この「ストロング・ジャー・ライン」
の持ち主だそうです。

 

恐るべき、「顔」の力、もとい、「顎」の力!

 

 

ワシントンは政治力に長けた人で、イメージの大切さ、メディアの重要さを

 

よ〜く知っていた人でした。

 

そのワシントン、ほとんどの歯をなくし、入れ歯を使っていました。

 

カバのアイボリーから作られたものと、そして、金属で作られた

いかつい入れ歯が
今でも残っています。

 

どうも一説によると、ワシントンはこの金属で作られた入れ歯をいれて、

あごのラインを
しっかり見せ、イメージ・アップのために

使っていたというのです。

 

デジタル・イメージを使って、入れ歯を入れているワシントンの顔と、

 

入っていない顔を比べていたんですが、実際、入っていない方は、

 

なんとなく頼りなさそうです。

 

それに、ワシントンは肖像を描いてもらう時、顎をスクエアーに見せるために

 

綿を口の中にいれていたという話もあるそうです。

 

そういえば、「ストロング・ジャー・ライン」をもつ男性は女性にモテるって

読んだ事があります。

 

「ストロング・ジャー・ライン」が、強く権力のある男性に

見せるんでしょうね。


 

う〜ん、さすが、ジョージ・ワシントン

 

自分の実力だけでなく色々な角度から最高を目指していたのですね。

 

 

政治はイメージ力が大切。

 

あのワシントンさえ、こんなに工夫したんです、

 

顔って、ばかにならないですよぉ。

 

 

もうちょっと、自分の顔に責任をもとうと思った? 

   ↓ クリック

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ


にほんブログ村




posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0) |-
リンカーン大統領の秘密
JUGEMテーマ:気になること

 

 

ヒストリー・チャンネルで「デス・マスク-Death Masksと題している

TV 番組を見たんですが、これがとても面白かったので、皆さんに、

ちょっとだけ紹介します。


〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜

History Channel: Death Masks

Faces...and facts...fleshed out from the grave. Unprecedented technology brings to life extraordinary mirror images and powerful last impressions of history's most powerful men. Every line, every wrinkle, every expression tells a story. Forensic-science and anthropology experts have identified that history's most relevant figures left behind highly-detailed casts of their faces, created at their moment of death, to preserve their souls and physical memory for eternity. Using advanced facial-reconstruction techniques and 3-D imprint detailing, these death masks render an exact replica of every feature, and an intimate look at how their characteristics affected their lives. Includes startling new insights into the persistent mysteries surrounding these historic icons like Julius Caesar, Abraham Lincoln, Napoleon and George Washington, and just may reveal some secrets these men preferred to conceal.

Running Time: 120 minutes

 

〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜〜 

 

「歴史上のアイコンとなっているジュリアス・シーザー、

エイブラハム・リンカーン、ナポレオン、ジョージ・ワシントンなどの

彼らが隠していた秘密が明かされるかもしれない。」

と意味深なイントロがあるんですが、ここでちょっとだけねたばれ。(笑)



 

リンカーン:

リンカーンにはデス・マスクならぬライフ・マスクが二つあるんです。



最初のは、
1860年の春にシカゴでとられたもので、

リンカーンの肖像などのもとによく使われるものと、

もうひとつのライフ・マスクは、リンカーンが暗殺される2ヶ月前の

1865年の2月、ワシントンDCでとられたもの。


この二つのライフ・マスクのとられた期間、わずか
5年間。

この5年間にリンカーンは異常な速さで老けているんです。

もちろん、南北戦争の勝敗の鍵を握っている自分の立場からくる

偉大なストレスと一言で片付けてしまったら簡単なんですが、

これはあまりに異常だということで、色々な分野の専門家を呼んで

調査したところ、どうも、リンカーンは命にかかわる病気を

もっていた可能性が高いという結果に至るんです。


顔だけで何が分かるんだって思うかもしれないんですが、

この
5年間で、右半分と左半分の顔のアライメントがはっきりと崩れ、

目の上に腫瘍のような膨れている部分が現れている。


病名をその時言ってたんですが、ちょっとキャッチできませんでした。


もし、リンカーンが暗殺されなくても、リンカーンは

たぶんそんなに長く生きなかったろうと言っていました。


顔からこれだけ分かるなんて、 
う〜ん、現代の科学ってすごい、、、

 

次はジョージ・ワシントンこと書いてみますね。

 


リンカーンのライフ・マスクが見たい方

   
     ↓クリック

  
  Lincoln’s Life Masks


 
 

ジョージ・ワシントンの秘密を知りたい方〜

     ↓ はぁ〜い

    にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
    にほんブログ村


posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
オバマ大統領がノーベル平和賞受賞、冗談でしょう?



こちら、アメリカでは、

オバマ大統領がノーベル平和賞をもらったというニュースでもちきりです。


ボストン大学の大統領・歴史家・ロバート・ダレック氏(
Robert Dallek

によると、オバマ大統領は、現職のアメリカ大統領として、

セオドア・ルーズベルト、ウッドロー・ウイルソンに続いて

3番目のノーベル賞受賞者になったそうです。


ルーズベルトも、ウイルソンも、偉大な功績を認められての受賞なのに、

オバマ大統領は、「核兵器のない世界を目指す。」というスピーチが、

世界の未来に希望を与えたことが、高く評価されたようです。


私は、このニュースを聞きながら今朝、目が覚めました。


一瞬、「えっ? 冗談でしょう?」と自分の耳を疑ったくらいです。


何の功績もない、オバマ大統領に、単に「未来に対して希望を与えた。」

ということだけで、あのノーベル賞をあげちゃうのぉ〜〜!!!


ノーベル賞委員
会の人たちは、何を考えてるのぉ〜〜???


もっとも、このセレクションは、ノーベル賞委員会員の

政治的ステイトメントとしてとらる向きが大きいようですね。


うちのアメリカ人伴侶曰く、

「これは、アメリカを弱くするための戦略だ。」そうです。


世界平和のために核兵器の解除と謳ったオバマ大統領に

ノーベル賞を与えることによって、


その型にはめて、アメリカから力を抜いていこうとしているんだと。


思わず、なかなか面白い発想だと思ってしまった与喜でした。

 

最近、内政面で不評が問われ、

ジョークのねたにもなってきているオバマ大統領、、、


オバマ大統領のノーベル平和賞受賞、

今、アメリカでは賛否両論、大きく分かれています。

 

 

やっぱり、何か、ちょっとおかしい〜!と思う方

      ↓クリック

    にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
       にほんブログ村


posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | アメリカ情報 | 10:07 | comments(4) | trackbacks(0) |-