Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
賛同、ありがとうございます!
↓クリック、お願いしまぁ〜す。 にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村 クリック、ありがとうございましたぁ〜!
時計
幸福実現党・参院選・候補者・ブログ
幸福実現党・応援サイト
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 祝★幸福実現党★初の国会議員★祝
    Maple (05/17)
  • 動物が本音で語る・幸福実現党・佐藤なおふみさん・ぶろぐ
    グリム伊藤公雄 (04/15)
  • 日教組・民主党の関係・これでいいのか?− 幸福実現党・植松みつお・ぶろぐより
    eva (03/05)
  • 幸福実現党・Happiness Letter Web
    eva (02/13)
  • 幸福実現党・あえば直道さん・「いざ!幸福維新」今日・発刊
    issy (01/23)
  • 坂本龍馬の真意が聞ける!?
    与喜 (01/12)
  • 坂本龍馬の真意が聞ける!?
    eva (01/12)
  • 朝日 俊彦(あさひ としひこ)先生の思い出
    与喜 (01/08)
  • 朝日 俊彦(あさひ としひこ)先生の思い出
    tomie (01/08)
  • 幸福実現党・木村智重党首・新年のご挨拶
    大和 (01/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
必見・すんごくよく分かる・龍馬の政治<教育政策>
JUGEMテーマ:政治
 

龍馬のよくわかる政治・第二弾!

龍馬!幸福維新伝!「教育政策篇」



本当によくできていて、分かりやすい。

日本全国の親御さんに見てもらいた〜〜〜い!








幸福実現党・あえば直道さんのブログより





 にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | 教育 | 02:29 | comments(2) | trackbacks(0) |-
今の日本の教育界に 不安をおぼえています。
JUGEMテーマ:教育
 

今まで ハワイ、 テキサス、 ワシントン、 そして フロリダと四つの

アメリカの州で教育に携わってきなものとしての


意見を言わせていただきます。



日本の教育界に
不安を抱かずにいられません。 

ご存知かも知れませんが、 労働組合が強すぎて

アメリカの大手の自動車会社の GM (ジェネラル モーターズ)

経営不振になりました。 

歴史上、 経営者が 労働者に不当な扱いをしてきたことにより、

労働組合が出来ましたが、 GMの場合、

組合が強すぎ
労働者の給料が、

常識的なものの三倍になり 経営不可能になりました。 



日本では、 日本教育組合(日教組)が強く、

教育界が支配をしているように見られます。 

今では、 失敗だったと認められてるゆとり教育"も日教組が

推進したものです。 

過去は、 数学などで世界的にも 一目置かれていた

日本の子供達のレベルが
"ゆとり教育"により、

とても下がりました。 

いじめ問題なども 臭いものに蓋をするように 隠蔽してきた

学校がいくつもあり、 とても残念なことです。 

日本の公立学校が、 受験に十分でなくなり、

塾通いの子供達が多いことも、  学校崩壊で 教師により、

うつ病になってしまっていることも 失望させられます。



そして、
民主党を支えているは 日教組ですので、

民主党が政権をとった場合、

日本の子供達の将来が どうなるのか とても不安です。 



しかし、
幸福実現党は、 いじめ防止と

"
ゆとり教育"反対を政策の一環としています。 

そして、 日本の子供達が塾なしで 

きちんと学べる公立学校にしていくようです。

私が日本の教師なら いじめや生徒の態度の悪さ等に悩まされずに

教えられるなら とても嬉しいことだと思います。 

私の日本にいる可愛い姪達にも いじめの心配がなく、

塾に行かないですむ 学校で、良く学んでほしいと思ってますので

幸福実現党の政策が 実際に現実化する事を願望しています。

 

りさ・フロリダ 


posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | 教育 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
幸福実現党の政策の下、いじめを撲滅して、素晴らしい学校をつくろう! *教育 その 2*
JUGEMテーマ:総選挙2009
JUGEMテーマ:幸福実現党
JUGEMテーマ:教育
 

上の娘が4年生、下の娘が1年生の時に

フロリダに引っ越して来ましたが、

アメリカの教育を見て感じることは、

子供達が、のびのびとしている、

自分の主張を持っている、

そして、他人との比較の中で生きているというよりも、

自分は何に興味や強みがあるか、

自分は将来、どんな道にすすみたいか、

つまり、基本にあるのは、まず、自分の考えです。

 

そして、自分に自信を持っている子供が多いこと。

これは、小さい頃から親や学校の先生からまず誉められる、

互いの個性を認めあい、個性を大切にする、

そういう習慣が大きく影響していると思うのです。

 

自然界に沢山の草花があるように、

この花も美くしい、この花も愛らしいと、

それぞれの花に美しさがあるように、

この個性も良し、あの個性も良しと

神様はどの個性もとっても愛してくださっている

ということを知っている、

そこから生まれる自信でもあるかもしれません。

 

ですから、

こうあるべきだという決められたレールの上をあるくというよりも、

自分自身でどこに旅しようか道を見つけて進んで行く、

いくつになってもチャンスが与えられている点で、

信仰を基盤に築き上げられたアメリカという社会は、

皆が憧れる社会だと思いました。

 

自助力により、どこまでも道が開ける、

それはある意味で、人間にとっての喜びですよね。

そういう社会を作れるのが、

宗教団体をベースとした「幸福実現党」だと思うのです。

 

幸福実現党では、公立高校の教育レベルをあげ、

子供達が塾に通わなくても良い社会を目指しています。

学校が終わってから、さらに夜遅くまで塾通いをする子供達。

さぞ、疲れていることでしょうし、

親にとっても塾の費用はかなりの負担ですよね。

これは、素晴らしい政策です!

 

アメリカには飛び級制度があります。

勉強ができるこどもは、飛び級をして先に進みます。

そして、その子供の得意分野で、

どんどんと力をつけていくことが出来ます。

 

その反対に、小学校1年生の時から、

進級せずに同じ学年を繰り返す子供もよく見かけます。

全員が全員、同じ事をする必要は無いわけです。

そのこの能力に応じて、

同じ学年を2度勉強するもよし、

学年を飛ばして、その子の能力を最大に伸ばすもよし、

上の娘は、中学に入ってからは、

得意な理数系では、上の学年のクラスをとっていました。

末の娘は、小学校の1年生を2回やりました。

だからって、引け目など全然、感じていません。

 

時間のかかる子供もいれば、

この世の使命が非常にはっきりしていて、

飛び級して、それに一直線、まっしぐらに進む子もいます。

皆、自助努力で、自分の人生においての成功が可能です。

 

社会に置いて、リーダー的な存在となる人間も必要。

その下について、戦力となる人間も必要。

さまざまな人がいて、社会は成り立っている。

どれも、大切な仕事です。そう考えると、

 

高学年になったらば、教育においても、

自由さがあって良いと感じます。

他の人との比較ではなく、

自分にとってのベストな道が選べる、

そんな教育があったら良いと思います。


〜あこ-フロリダ



 

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | 教育 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
幸福実現党の教育・子育ての政策=子供や親の幸せ・明るい未来社会を心から考えている *教育・子育て編 1*
JUGEMテーマ:総選挙2009
JUGEMテーマ:幸福実現党
JUGEMテーマ:教育
 

 

 

「幸福実現党の教育・子育ての政策は、子供や親の幸せを、

そして明るい未来社会を心から考えている政策です。」

 

消費税、国防に関して、海外から見た様々な意見がでましたが、


教育、子育てに関しての政策、
これも、断然、気になりますよね!

 

我が家にも二人の娘がいるし、


私もどちらかと言うと、母親業に専念して来た方なので、


子供のこととなると、ついつい自分をそっちのけ、


髪の毛振り乱し、夫は二の次、

(アメリカでは、決して自慢になりませんが、、。)


フロリダのハイウェーを走り回って来ました。

 


我が家の末娘は、生まれつきの全盲です。


さらには、無眼球症と言って、眼球をもたずに生まれて、


義眼を入れているものですし、


歩くときは白杖を持ってあるいているので、


晴眼者からみると、
やはり、やはりどこかちょっと違って写ります。

でも、視覚が無いということは、彼女にとっては生活の一部であり


当たり前のことであり、いわば、


努力して、見えている人たちの社会に合わせて、生活してます。



、、本人にしてみたら、


見えている人たちに合わせることには、不便な面も多く、


多少の不満もあるようですが、、。

 


私も、
日本でいじめられて自殺をする子供のニュースを聞くたびに、

心が非常に痛みます。


何かのきっかけで、いじめの対象とされ、


それに黙って耐えている、子供達の姿を想像すると、


何とか打つ手はないのか!と怒りがこみあげてきます。


大人たちよ、勇気を持って子供達を守れ!と叫びたくなります。

 


娘も、一時期、クラスメートの何人かから無視されたり、


仲間にいれてもらえなかったりと、泣いた時期もすごしました。


でも、アメリカでは、学校をあげて、
いじめを防止しているので、

教師も、いじめに対しては、しっかりと指導をし、


ひどいいじめに発展するまえに、子供達を罰するなり、

厳重に注意をします。


このいじめ問題について、いじめ撲滅運動に真剣に取り組んで来たのが

「幸福の科学」であり、


政策にも取り入れているのが、幸福実現党です。

 

つづく。

 

 あこ・フロリダ

 

 

posted by: 海外・幸福実現党・サポーターズ | 教育 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-